[ HOME ] [ JA5CQH/4のblog ]

QTH取得更新ソフト CQHLGetQTH v1.03a (フリーウェア  2013.5.5)

・TurboHAMLOG/Win用ログの編集ツールです。
・QTHが空白であれば無線局情報検索サイトから取得し追記します。
・年月日を指定して一括処理ができます。
・移動先でLAN環境がない、zLOGコンテストログをインポートした、
 等々でHAMLOGの免許状Get'sが利用できないときに役立ちます。

ダウンロード

CQHLGetQTH_V103a.zip (395KB)

インストール方法、使用許諾条件等については同梱のCQHLGetQTH.TXTをご覧下さい。

 バージョン履歴

  v1.03a 2013.05.05  情報取得の速度アップ
  v1.03a 2013.05.05  「東京都小笠原村」を「東京都小笠原支庁小笠原村」に置換して処理を行う
  v1.03a 2013.05.05  DLLが使用できませんエラーメッセージ 修正

  v1.02  2013.02.18 「ケ」を「ヶ」、「八丈島」を「八丈支庁」に置換して処理を行う
  v1.02  2013.02.18 TurboHAMLOG V5.21c DLL仕様に対応。(動的リンクに変更)
  v1.01e 2013.01.15 TurboHAMLOG V5.21b DLL仕様に対応
  v1.01d 2012.04.06 無線局情報検索サイトの仕様変更に対応
  v1.01d 2012.04.06 ESCキーで検索強制終了の機能を追加

  v1.01c 2011.05.03 無線局情報検索サイトの仕様変更に対応
       注) 『横浜市保土ケ谷区』の『ケ』は条例に従って大文字で検索(以前は小文字で検索)され、
          HAMLOGのQTHマスターが小文字『ヶ』であるとき不一致となりコード変換されません。
          (HAMLOGのQTHマスター編集機能で大文字『ケ』に変更したときコード変換OK)
          そのほか『東京都小笠原村』と『東京都小笠原支庁小笠原村』のように不一致であればコード変換されません。

  v1.01b 2008.03.15 免許情報無しのときQSL欄の記述を置換する機能を追加
  v1.01a 2007.03.30 「北海道XX郡(上川)XX町」などのコード変換を可能にする
            (括弧書きを除いたマスターデータと照合を行いコードを求める)
  v1.01  2007.02.21 「Code空欄を含む」 の検索条件を追加
  v1.01  2007.02.21 「Code入力済み移動局」 の検索を追加
  v1.01  2007.02.21 「カレンダー」 による年月日設定を追加
  v1.00  2007.02.14 初版

 次バージョン予告
  ・現在なし

 (注意事項)
  情報検索サーバー応答のタイムアップにより【免許情報なし】になる場合があります。
  【免許情報なし】行のチェックが外れた状態で「ログ更新」を行い、起動し直すか、又は
  年月日範囲の変更操作によって一覧表示された後に再度「無線局情報検索」を行って
  下さい。


画面説明 (説明画面のバージョン表示は異なる場合があります)


[1] オープニング画面





[2] 「無線局情報検索ボタン」を押す





[3] 「ログ更新ボタン」 を押す





[4] 参考画面





不許転載  Copyright(C) 2007-2016  JA5CQH/JO4EXC O.Yoshihara  JA5CQH/4のblog