[ HOME ] [ JA5CQH/4のblog ]

未交信リストのQRV通知ソフト QRVAlert v2.11 (フリーウェア  2017.6.14)
            おまけソフト JClusterUp v.1.2 (フリーウェア  2013.5.28)

J-クラスタ の情報と未交信リストを照合し一致したときにアラーム音およびメールで知らせます。(自動巡回ワッチ機能を搭載)

特長
・本ソフトを自宅で立ち上げておけば携帯メールで素早く確認ができます。
・自身が移動運用中に殆ど見逃してたQRV情報もこれでバッチリ取得できます。
・コードやQTHのほかコールサインや道の駅も指定できます。(1000件以上登録可)
・TurboHAMLOGのログ参照によりファーストQSOをアラート。
・TurboHAMLOG、およびCQHpcへQRV情報を転送。
・Rig周波数制御との組み合わせで自動巡回ワッチ。

おまけソフト 「JClusterUp v.1.2」はJクラスタの投稿専用アプリです。(HAMLOG参照機能付き)

ダウンロード

QRVAlert_V211.zip (603KB) New!

QRVAlert_V207.zip (585KB)
Ver2.07の追加機能詳細は QRVAlert_v205追加機能説明.pdf QRVAlert_v207追加機能説明.pdf をご覧ください。

おまけソフト JClusterUp_V12.zip (397KB) 、操作説明書JClusterUp_V12.pdf
         ( Ver1.1 初版(XP対応), V1.2 Windows7対応 )
(免責事項など)
当該ソフトによりご利用者に直接または間接的損害が生じても、いかなる責任をも負わないものとし、一切の賠償等は行わないものとします。再配布はできません。

XP/VISTA/Windows7/8.1/10での動作を確認しています。

起動方法
・QRVAlert.exeを実行してください。( 旧バージョンがあれば上書きしてから実行してください)
・設定保存INIファイルは終了時に作成されます。
・アンインストールは QRVAlert.exeとQRVAlert.iniを消すだけです。
・レジストリは未使用です。

バージョン履歴

2017.06.14 v2.11 「最適化なし」で再コンパイル
2017.06.14 v2.11 共有ファイルアクセス許可 SetDbsShare関数の仕様変更対応 (HAMLOG50.DLL仕様変更対応)
2017.06.14 v2.10 メールヘッダーのエンコード情報を修正
2017.06.14 v2.09a Comments以外の項目データがないとき「?」を当該項目に代入(列の整列が乱れるのを抑止する目的)
2017.06.14 v2.09 KmとCommentsなしのとき以前のRemarks設定内容が引き継がれるのを修正
2017.06.14 v2.08i Rig直接制御 YAESU2(FT747、FT1000MPなど)制御出来なかったのを修正
2017.06.14 v2.08i Rig直接制御 ICOM CQHpc経由はOKだがQRVAlert自身で制御出来なかったのを修正
2017.06.14 v2.08i Rig直接制御 1.5ストップビット に未対応なデバイス有るため変更
2017.06.14 v2.08h HAMLOG ファーストQSO照合 コールサインに無効な文字があるとき直前の有効部分をコールサインとして扱う
2017.06.14 v2.08g CQHpc転送 Jクラスタ情報にQTHが欠落しているとき空白でCQHpc設定を行う(JCCを送るときQTHをクリア)
2017.06.14 v2.08f フォント設定機能追加
2017.06.14 v2.08f 巡回転送リスト「自動、1〜3、最前面」を終了時状態保存、メイン画面で終了したとき巡回転送リスト画面の最新設定や位置が保存されない修正
2017.06.14 v2.08f 巡回転送リスト「▼▲」操作時に該当無しであれば不変
2017.06.14 v2.08f 巡回転送リスト「マークしてSKIP」機能追加
2017.06.14 v2.08e 巡回転送リスト画面のnewボタン配置変更
2017.06.14 v2.08d CQHpc REMOTE 用にCommens転送時にHamlog道の駅が消える不具合修正(鹿児島-和歌山-神奈川-)
2017.06.14 v2.08c CQHpc REMOTE 用にCommens転送
2017.06.14 v2.08b CQHpcへ転送後にFocusが移る不具合修正
2017.06.14 v2.08 HAMLOG経由しない 周波数とMODE設定

2013.03.08 v2.07  「自動巡回ワッチ機能」を搭載
2013.03.08 v2.07  その他の細かな修正

Ver2.07の追加機能詳細は QRVAlert_v205追加機能説明.pdfQRVAlert_v207追加機能説明.pdf をご覧ください。

2013.02.17 v2.05a  No〜CODEのファーストQSO抽出条件が機能していない不具合を修正
2013.02.13 v2.05  TurboHAMLOGのログ参照によりファーストQSOをアラート
2013.02.13 v2.05  TurboHAMLOG、およびCQHpcへQRV情報を転送
2013.02.13 v2.05  複数メールアドレス宛て送信、およびSMTP認証に対応
2013.02.13 v2.05  表示方法改良、その他
2012.04.06 v1.00f  メールSubjectに件数を追加
2012.04.06 v1.00f  TELNET一部修正
2012.04.06 v1.00f  200件LOGのときの通知不具合修正
2012.04.06 v1.00f  メール送信できないとき巡回停止する不具合修正
2008.04.07 v1.00d  未更新リストをエクセルの矩形コピペに対応しました。
2008.04.07 v1.00d  未更新リストに1000件以上登録できないバグを修正しました。
2008.03.29 v1.00c  TELNET経由で操作ができるようになりました。(開始、停止、未交信リスト編集など)
2008.03.29 v1.00c  Logを整列して表示しました。(列が揃ってスッキリしました)
2008.03.11 v1.00b  公開初版

画面説明(1)

 v1.00c以降の画面


 ※ TELNET接続する場合は事前にQRVAlertのショートカットプロパティで起動オプションを設定しなければなりません。
    設定例) C:\...\QRVAlert.exe /telnet=on /pass=hogehoge ( ポート番号1000を使用するときは /telnet=1000 )


Windows標準のハイパーターミナルで接続したときのヘルプ表示画面


  ※ 同じPC上で接続するときは 接続先IPアドレスにローカルホスト(127.0.0.1)を設定します。
  ※ 異なるPCに接続するときはQRVAlertが起動しているPCのIPアドレスを調べて接続先IPアドレスに設定します。


画面説明(2)


  1. 本ソフト(QRVAlert.exe)を起動してください。  
  2. マウス下にあるコントロール等に表示される説明文を参照しながら操作を行ってください。  


    J−クラスタ の運営に感謝いたします。




不許転載  Copyright(C) 2008−2017  JA5CQH/JO4EXC O.Yoshihara  JA5CQH/4のblog